はじめまして!管理人のもにたーです。

スポンサーリンク

管理人の言いたいこと

あなたはどれだけ治験のことを知っていますか?

治験参加にあたり、治験の体験談が書かれているブログはもちろん参考にしてもらって構いません。
ただ、実際の参加者が知らない情報もたくさんあります。

どうせならプロの話も聞いていきませんか?

治験について詳しくなって医療機関の人に一目置かれる存在になりませんか?

そのためにはまず最初に、治験をバイトと思っている人は、ボランティアですので認識を正してくださいね。
(私も便宜上「バイト」という言葉を使ってはいるのですが・・・)

管理人の仕事について

臨床開発モニター(Clinical Research Associate、頭文字を取ってCRA)という仕事をしています。
ちなみに化学科出身で薬学・医学系の資格は持っていません。

臨床開発モニター?なにそれ?

仕事の内容はここでは割愛しますが、仕事の話をすると、たいていの人が疑問符?を浮かべます。

概要を噛み砕いて説明すると、へぇ〜、と、分かったのか分からないのか微妙な反応が返ってきます。

ちなみに、治験の仕事、というとこれまた疑問符?を浮かべる方が多いです。

さらに、QAサイトを見ると、治験に詳しくない人が多いのがよく分かります。

回答の中には、私のように治験の仕事をしている者からすると、え!その回答はちょっと…と思うものすらあります。
(もちろん素晴らしい回答もあります。)

そして私はしみじみ思います。

やっぱり治験を知らない人って多いんだなぁ。

今でこそ治験に詳しくなりましたが、私も医薬品研究に興味があって就職先を探していた時に初めて知りました。

ブログを書こうと思ったワケ

治験ってなに?

治験には、安全性確認もさながら、薬候補となる物質(被験薬)の性質を適切に評価するという目的があります。

つまり、治験に対する正しい知識を持って治験に参加することが、自分の身を危険から守り、医薬品開発を成功へ導くことに繋がります

自分の身を守りつつ、薬の開発に貢献し、お金がもらえる/医療費を浮かすことができたら最高じゃないですか?

このブログでは、医薬品治験に興味のある人、参加検討中の人、実際に参加経験がある人に向けて、治験に関する正しい情報を発信していきたいと思います。

スポンサーリンク