「臨床開発モニター(CRA)のあれこれ」の記事一覧

現役CRAが仕事の実態を暴露



こんにちは。もにたーです。

臨床開発モニターCRA)を目指しているみなさん、CRAの仕事について知っていますか?

簡単に言うと、「治験がGCP省令などの治験関連規制に基づいて医療機関で適切に実施されているかをモニターする仕事」です。

質の高いデータを用いて評価され、科学的なエビデンスに基づき、国から承認されたよりよい医療を患者さんに届けるために、CRAは必要な存在です。

しかし、実際は泥くさい仕事も多々あります

医薬品開発の仕事をしてみたいと思っていざCRAになってみると、

思っていた仕事と違った!しんどい!業務量に対する見返りが割に合わない!

そんなことを思う人も多いです。

どんな仕事もそうかもしれませんが、文面で紹介される業務内容と実際の業務内容とではギャップがあります。

こちらでは、CRA業務について、赤裸々に、でも制約情報には抵触しない範囲で、体験談を踏まえて解説していきます。

CRO入社後はいつからCRAとして業務できるの?主担当CRAまでの道のりとCROの内部事情について解説

臨床開発モニター(CRA)のあれこれ

CROに入社してどれくらい経ったら自分が主担当CRAとして医療機関を担当できるのかイメージできていますか? 実は、研修期間が終わってもすぐに主担当CRAとして業務ができるとは限りません。この記事では、そのあたりの事情も含め、私の会社を例に主担当CRAになるまでの道のりを解説します。

CRAとして周りに差をつけ活躍したいなら、目指すは断然、英語が話せるCRA

臨床開発モニター(CRA)のあれこれ

CRAとして活躍するためはどこまでの英語力が必要だと思いますか?周りに差を付けて一歩抜きん出ようとするには、実は会話ができなければいけません。英会話ができれば重宝されます。この記事ではその理由について解説します。

ページの先頭へ