プラセボで副作用は起きる?

こんにちは、もにたーです。

「プラセボ効果」という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

例えば、治験でプラセボを服用したけど、病気の症状がよくなった。

これはプラセボによってプラス効果が働いた結果ですね。

では、マイナスに働くことはあると思いますか?

今回はプラセボと副作用について解説します。

プラセボについてのおさらい



もう知ってるよという方は飛ばしてください。

薬には、通常、病気に効く有効成分と、製剤の効き目を高めたり、より安定化させたりするための添加物が含まれています。

プラセボとは、有効成分を含む実薬と同じ見た目で、有効成分を含まない偽の薬のことを言います。

プラセボを含む治験は、通常、盲検下で行われますので、誰が実薬とプラセボのどちらを服用しているかは知らされません。

例えば、薬候補の物質(被験薬)Aを単純にプラセボと比較する試験だとします。

その場合、被験薬Aと被験薬Aのプラセボを服用するグループに無作為に分けられます。

プラセボを使う理由

治験ではなぜプラセボを使うのでしょうか?

プラセボなしでも効果が認められればいいのでは?

と思う方もいるかもしれませんが、比較するものがなければ、薬候補の物質(被験薬)がどれだけ効果があるのかを科学的に示すことが難しいのです。

例えば、炊飯器を買うとします。

炊飯器といえど、メーカーや性能、値段など色々と異なるので、それらを見比べて、買うに値すると思ったものを買いますよね。

その際、比較のベースになる炊飯器(これより劣るものは買う価値がないという最低ライン)を決め、それと比較してどのくらい優れていれば買うというようなことをしますよね。

薬の開発でもそれと似たようなことが言えます。

比較対象が特定の既承認薬のみであれば、ベースが高いので、それより劣る結果が得られた時に、被験薬の開発意義がなくなってしまいます。

しかし、プラセボを比較対象として使う場合、プラセボより効果があることを示すことができれば、特定の既承認薬より多少劣っていたとしても、その被験薬の開発意義を示すことが可能になります。

つまり、プラセボは被験薬の効果や安全性を比較する際のベースラインを定めるために使われます

スポンサーリンク

いいも悪いも病は気から

プラセボは有効成分を含んでいないため、本来であれば効果は得られません。

しかし、病は気からというように、プラセボでも効果が得られる人がいます。

俄かには信じ難いですが、自分はきっと実薬を飲んでいると信じれば、プラスに働き、効くことがあるということですね。

ここで考えなければならないのは、信じれば効果があるということは、それはすなわち、マイナスに働くこともあるということです。

プラセボで副作用はあるのか?



今お伝えした通り、プラセボはマイナス効果が得られることがあります。

つまり、副作用が出ることがあります。(正確には副作用というのは正しくないのですが。)

これをプラセボ効果に対してノセボ効果といいます。

そんなばかな!

そう思う気持ちはとても理解できますが、事実です。

これはとある人の体験談です。

同じ降圧剤の治験に参加していた人が、服薬後に熱を出した。

それを見て副作用が出たら嫌だなと思っていたら、自分も熱が出たというのです。

それは二重盲検試験だったので、その時は自分が実薬かプラセボかは分からなかったのですが、後々聞いたところ、プラセボだったとのことです。

つまり、プラセボを飲んでいたため、本来ならば副作用は出るはずがなかったのに、副作用が出るかもしれないと思ってしまったがために熱が出てしまったのですね。

不思議な現象ですが、こういうこともあるということです。

まとめ

プラセボでも心理的な作用が働くと効果が得られたり副作用が出たりしますので、プラセボだから副作用がないというわけではありません

つまりは気の持ちようが大事だということです。

プラセボがある治験に参加した時は、効果はあるはず、副作用はきっとない、そう思い込むことが大事なのかもしれません。


それでは、次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク