パーキンソン病は高齢者の病ですが、長生きすると、自分にも起こりうる病気です。治療法は薬物治療や手術療法といった対症療法のみでしたが、新たな治療法として、京都大でiPS細胞を用いた治療法の治験が行われています。この記事ではその内容についてお伝えします。